2020年度の活動報告

2020年度の活動情報をこちらのページでご紹介しています。
※新しい情報が上部になります。

春の花絵制作全般については新型コロナウイルス感染拡大防止のため自粛いたしました。

「Sundayだけのチューリップ花屋さん/2020年冬」

12月19日(土曜)20日(日曜)に万代シティにて開催、チューリップだけの35品種、合計1,760本を販売しました。
ご協力いただいた農家さん、JAの皆様、購入してくださった皆様、ありがとうございました!

11月3日(火曜・祝)チューリップ球根&サツマイモの販売

11月3日(火曜・祝)に本町&人情横丁のイベント「新潟ひとつなぎ」にて、チューリップの球根とサツマイモを販売しました。
多くのお客様からお買い上げいただき、ありがとうございました!

10月31日(土) サツマイモの選別作業

にいがた花絵プロジェクトで収穫したサツマイモ(紅はるか)、表面の砂を払い軽く水拭きして選別作業。

10月中旬 チューリップ球根の販売

人情横丁の花絵プロジェクト事務局にて、定番の品種から珍しい品種まで、ちょっぴりお得に取り揃えてチューリップの球根を販売しました。
ご購入いただいた皆さん、ありがとうございました!

10月17日(土) 花畑プロジェクトのチューリップ球根植え

生産者さんの畑をお借りしてチューリップの球根栽培を体験する「花畑プロジェクト」。
新潟市東区河渡地区の畑で10月17日に今シーズンの球根植えを行いました。昨シーズンに収穫した2,800球と生産者さんから頂いた4,000球で2畝。
今年の畑は通りに近いので、春にはカラフルな花畑をたくさんの方に見ていただけると思います。
球根植えの後は、おまけ企画のサツマイモ掘り。
小学校以来と言うメンバーも…。みんな童心に返って、宝探しのような作業を楽しみました。
収穫したサツマイモの一部は乾燥を終えた後、人情横町の花絵事務局で販売する予定です。

10月3日(土) チューリップ球根の振り分け作業

新潟市食育・花育センターにて「新潟県チューリップ球根生産100周年記念畑」から掘り起こした球根配布の為の振り分け作業をしました。
今年の春、小合に咲いた184品種15,000球のチューリップの球根たちは、別の場所で来年も美しい花を咲かせる予定です。

7月13日 チューリップ球根の仕分け作業

「新潟県チューリップ球根生産100周年記念畑」から掘り起こした球根。
先週までに皮むきを完了し、昨日は痛んだ球や小さな球を除いた球数を確認しました。
最後にコンテナに品種ラベルを付けて整頓。
これで春の作業もようやく一段落です。

7月11日(土)チューリップ球根の皮むき作業

「花畑プロジェクト」の畑から1ヶ月前に掘り起こした球根の皮むき作業を行いました。
丸々と太った球根たちは、秋の植え付けを静かに待ちます。

7月6日 チューリップ球根の皮むき作業

6月末から7月初めの土日の4日間にわたり「新潟県チューリップ球根生産100周年記念畑」から掘り起こした球根の皮むき作業を行いました。
古い皮や根を取り除き、この秋に植える球を選別。

6月13日(土)球根生産発祥100周年記念畑の球根掘り取り

チューリップ球根商業生産発祥100周年事業実行委員会の皆さんと、新潟市秋葉区小合の圃場にて、チューリップの球根の掘り取りをしました。にいがた花絵プロジェクトからは13人が参加しました。184品種15,000球のチューリップが植えられた畑です。

6月6日(土)の花畑プロジェクトの球根掘り取り

河渡地域の球根農家さんに指導いただきながら球根栽培にチャレンジしている畑で球根の掘り取りをしました。

5月7日(木)花摘みのお手伝い

午後からは、毎年お世話になっている農家さんの畑の花摘みにお手伝いとして参加してきました。この日は新潟市江南区横越地区で8人参加。視界一面に広がるピンク色のフロローサ。茎が長いため、かがまなくても摘みやすい!腰が痛くなりませんでした。最後にブーケにしておすそ分けしていただきました。

5月7日(木)球根生産発祥100周年記念畑の花摘み

チューリップ球根商業生産発祥100周年事業実行委員会の皆さんと、新潟市秋葉区小合の圃場にて、見頃が終わったチューリップの花摘みをしました。にいがた花絵プロジェクトからは8人が参加しました。184品種15,000球のチューリップが植えられた畑です。

4月30日(木)疫病退散!アマビエの花絵作り

4月30日はいくとぴあ食花から依頼をいただき、職員の方とささやかな花絵を作りました。
いくとぴあ食花は、新型コロナ対策により5月10日まで閉館中のため、咲き誇っている8万本のチューリップの花たちは皆さんの目に触れることができなくなりましたが、ウイルス退散!のメッセージを皆さんにお届けしたいとのことでした。
にいがた花絵プロジェクトからは3名お手伝いさせていただきました。

4月28日(火)チューリップ畑の見学

毎年摘ませていただいている新潟市東区河渡地区と新発田市紫雲寺地区、胎内を巡ってきました。「来年はやりたいですね~!」と生産者の皆さんから応援をたくさんいただきました。

機械摘みの動画を撮影させていただきました(YouTubeより)

4月25日(土)花摘みのお手伝い

毎年お世話になっている農家さんの畑の花摘みにお手伝いとして参加してきました。この日は新潟市西区赤塚地区で9人参加しました。鮮やかなオレンジはキースネリスです。快晴のもとヒバリが元気よく鳴いて花摘み日和!

4月21日(火)花摘みのお手伝い

毎年お世話になっている農家さんの畑の花摘みにお手伝いとして参加してきました。この日も新潟市東区河渡地区。黄色のクリスタルスターを機械摘み後、刈り残しを摘んでいきます。白は別の農家さんのペイスバスです。

機械摘みの動画を撮影させていただきました(YouTubeより)

4月19日(日)花摘みのお手伝い

毎年お世話になっている農家さんの畑の花摘みにお手伝いとして参加してきました。新潟市東区河渡地区のチューリップ畑です。この日は9人参加しました。ピンクと赤が鮮やかなピンクインプレッションとレッドインプレッションです。快晴で作業もとても気持ち良かったです。

白い筋が入ったような色がおかしい花はウイルスにかかっている可能性があるので、球根ごと抜き取ります。ウイルスにかかったチューリップは根っこの張りがなく、スポッと抜けてくるのでわかりやすいそうです。

4月19日(日)紫雲寺の畑見学

毎年摘ませていただいている新発田市紫雲寺地区のチューリップ畑を見学してきました。見事に色とりどりです!

4月15日(水)赤塚地区の畑検査

新潟市西区赤塚地区のチューリップ畑では4月15日(水)に畑検査(球根組合のほ場検査)が行われました。やはり、花の咲き方はいつもより早いそうで、ほぼ満開の畑は明日から花摘みを始めるそうです。
鮮やかな色合いが写真で見てもとても美しいですね(^^)

4月11日(土)花摘みのお手伝い

毎年お世話になっている農家さんの畑の花摘みにお手伝いとして参加してきました。新潟市東区河渡地区のチューリップ畑です。にいがた花絵プロジェクトからは15人参加しました。

4月8日(木)畑検査の様子

新潟市東区河渡地区のチューリップ畑では4月8日(木)に畑検査(球根組合のほ場検査)が行われました。にいがた花絵プロジェクトも同行させていただきました。
白はピューリッシマ。ほぼ満開です。白色の球根生産は減少していますが、花絵を作る時には「白」が重要な役割を果たしています。
赤はレッドインプレッション。スタンダートで大振りな花の形、鮮やかな赤で遠くからも目立ちます。

4月4日(土)畑の見学

下の写真は4月4日(土)に撮影したものです。咲き始めるとあっという間に景色が変わりますね。

よかったらこちらのページもどうぞ(^^)/

花絵に使う花はどこから?

農家さんのチューリップ畑で摘ませてもらいます チューリップは花が終わると種を作り、花を摘まないと種に養分が行き球根が育ちません。 そこで、農家さんは球根を育てるために、花を刈り取って土に還しています。 ...

続きを見る

2020年4月13日

Copyright© にいがた花絵プロジェクト , 2021 All Rights Reserved.