花絵プロジェクトをご支援頂いている皆様へ

平成5年(1993)に新潟駅前におけるチューリップの花による巨大壁画制作によりスタートいたしました当会の活動も、前回(令和3年・2021年)で29回目を数え、花絵づくりは新潟市の春を代表する事業に成長させることが出来たと考えております。今では巨大壁画の制作のみならず、球根育成(花畑プロジェクト)や、チューリップ切り花の販売等にも事業を拡大し、花絵の制作地も県内外へ拡大するなど、「チューリップコミュニケーション」の輪を広げることが出来ました。これもひとえに、行政、協賛・協力企業、球根生産者、そしてイベント参加、協賛等でご支援頂いております一般市民を含めた皆様のご協力の賜物と改めて感謝申し上げます。

当会の活動は、主に新潟市からの補助金および企業・個人からの協賛金による収入とボランティアによる運営で成り立っておりますが、近年は高齢化による球根生産農家の減少や、実行委員不足に伴うボランティア対応の限界に加え、補助金が削減されるなど、事業の存続に厳しい状況が続いておりました。そのうえ、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、一昨年については、活動開始以降初の花絵制作中止、そして昨年は規模を縮小して、スタッフのみで花絵制作を行うなど、この2年間は活動の更なる抑制を余儀なくされておりました。

そのような中、今年2022年は花絵プロジェクト30周年の記念の年であり、3年ぶりの巨大花絵の復活を企画しておりますが、この30周年の事業を一区切りとし、予算的・要員的な理由により、以降の活動を休止するという結論に至りました。(将来、再び新潟の地に「チューリップコミュケーション」の火が灯ることを期待して、解散ではなく、「休会」とさせていただきます。)

つきましては、これまで29年間のご厚情に感謝申し上げるとともに、当会30周年目の事業に対しまして、最後のご支援を賜りますことを、何卒お願い申し上げます。

Copyright© にいがた花絵プロジェクト , 2022 All Rights Reserved.